預り金
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『預り金』
お金を預かった場合のお金です。主に給料を支払うときに源泉徴収して一時的に税金を支払うためのお金を預かるときに使用します。
仕訳
預り金は負債なので、

増えたら貸方
減ったら借方


に仕訳します。
■今月分の給与10万円を口座から支給。
源泉徴収額は1万円


給料賃金が増える → 費用が増える → 借方
普通預金が減る → 資産が減る → 貸方
預り金が増える → 負債が増える → 貸方

借方 貸方
給料賃金 100000円 普通預金 90000円
預り金 10000円

■従業員の源泉徴収していた所得税1万円を現金で支払った

現金が減る → 資産が減る → 貸方
預り金が減る → 負債が減る → 借方

借方 貸方
預り金 10000円 現金 10000円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング