その他の預金(普通預金)
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『その他の預金』(普通預金)
青色決算の貸借対照表には、『普通預金』の勘定科目はなくかわりに『その他の預金』があります。なので、帳簿上では『普通預金』という勘定科目で処理し決算時の貸借対照表では、『その他の預金』に含めるという処理をします。

■『その他の預金』として取り扱うもの
・普通預金
・貯蓄預金
・郵便貯金
・外貨預金
など
仕訳
■通常
その他の預金(普通預金)は資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方


に仕訳します。

■預金利息があった場合
預金利息収入は利子所得と言われ、源泉分離課税によりあらかじめ税金が取られれていて、確定申告が必要ない収入です。

そのため、勘定科目『事業主借』で処理します。事業主借とは、事業主本人(つまり事業を営んでいる自分自身)からお金を借りた金額のことで、事業主本人から借りてるので基本的に返す必要がありません。
■預金口座から100円引き出した

預金が減る → 資産が減る → 貸方
現金が増える → 資産が増える → 借方

借方 貸方
現金 100円 普通預金 100円

■売掛金(回収債権=資産)100円が預金口座に振り込まれた

預金が増える → 資産が増える → 借方
売掛金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
普通預金 100円 売掛金 100円

■預金利息100円があった

預金が増える → 資産が増える → 借方
事業主借が増える → 負債が増える → 貸方

借方 貸方
普通預金 100円 事業主借 100円



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング