買掛金
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『買掛金』
■掛取引(かけとりひき)
商品を仕入れたときにそのつどお金を払うのではなく、月末などに一括してお金を払うことを掛取引といいます。掛けとは「代金はあとで払います」の意味です。

つまり掛けで購入するということは負債が増えることになり、あとでお金を払わないといけない義務のお金を「買掛金」といいます。売上原価となる仕入に関する商品を掛けで買った場合の勘定科目は、「買掛金」となります。
仕訳
買掛金は負債なので、

増えたら貸方
減ったら借方


に仕訳します。
■商品1000円を仕入れ、代金は掛けとした

仕入が増える → 資産が増える → 借方
買掛金が増える → 負債が増える → 貸方

借方 貸方
仕入 1000円 買掛金 1000円

■買掛金1000円を現金で支払った

買掛金が減る → 負債が減る → 借方
現金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
買掛金 1000円 現金 1000円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング