買掛帳
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


仕入先別の買掛金の増減や残高を記帳する帳簿です。帳簿では、「仕入金額」、「支払金額」、「残高」の項目で記載されています。
帳簿のつけ方
買掛帳サンプル
日付 伝票NO 相手勘定科目 摘要 仕入
金額
支払
金額
残高
○月○日 数字 他方の勘定科目 具体的な取引内容を
簡潔に記述
金額 金額 金額

■日付
取引があった日付を書きます。必ず日付順に上から下に並んでいる必要があります。

■伝票NO(取引番号)
他の帳簿に転記するときに、どの取引内容なのかを明確にするためにつけられる番号で仕訳帳に記載されている取引順に1から順番につけられます。仕訳帳で確認したとき必ず順番通りに伝票NOの数字が並ぶようにしましょう

■相手勘定科目
一方は必ず買掛金の勘定科目であるので、もう一方の勘定科目が何であるのかを記載します。何により仕入があり、何に支払されたのかという勘定科目を記入することになります。会計ソフトでは、これを記入しないと他の帳簿と連動させられないので必ず記入することになります。

■摘要
どういった取引がなされたのかがわかるように具体的な取引内容を簡潔に記入します。できるだけ固有名詞を入れるようにします。摘要欄はできるだけ全て書き込みます。空欄が多いとあまりよくないようです

例:A商店から掛けで売上、掛代金回収など

■仕入金額と支払金額
買掛金が発生したとき仕入金額欄に記入します。
買掛金を支払ったとき支払金額欄に記入します。

仕訳帳で言えば、貸方に買掛金の勘定科目があるとき仕入金額となります。借方にあるとき支払金額となります。(借方=支払金額 貸方=仕入金額)

■残高
残高を記入します。会計ソフトなら自動で記入されるので気にする必要はないです。
日付 伝票NO 相手勘定科目 摘要 仕入
金額
支払
金額
残高
2月1日 仕入 A商店から
掛けで仕入れ
3000   3000
2月10日 普通預金 B銀行の口座から
C商店の
掛代金支払い
  1000 2000


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング