現金
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『現金』
現金はお金のことであり、資産であり、また簿記ではお金以外のものでもすぐにお金に換金できるものも現金として取り扱います。

■『現金』として取り扱うもの
・現金
・他人振出小切手
・送金小切手
・配当金領収証
・郵便為替証書

つまり、小切手などの勘定科目はなく、以上のものは全て「現金」の勘定科目で取り扱う必要があるということです。
仕訳
現金は資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方


に仕訳します。
■銀行から1000円を借り入れた

現金が増えた → 資産が増えた → 借方
借入金が増えた → 負債が増えた → 貸方

借方 貸方
現金 1000円 借入金 1000円

■借入金1000円を現金で返済した

現金が減った → 資産が減った → 貸方
借入金が減った → 負債が減った → 借方

借方 貸方
借入金 1000円 現金 1000円

■商品100円を売り上げ、代金として小切手を受け取った

商品が減った → 資産が減った → 貸方
小切手(現金)が増えた → 資産が増えた → 借方

借方 貸方
現金 100円 売上 100円

■持っている株の配当金領収証100円を受け取った

現金が増えた → 資産が増えた → 借方
資本が増えた → 貸方

借方 貸方
現金 100円 受取配当金 100円



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング