仕入れ諸掛
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


仕入諸掛り(しいれしょがかり)とは、商品を仕入れるときに発生した費用(運賃、保険料、手数料など)をいいます。
仕訳
■自分負担のとき

仕入れに関して発生した費用が自己負担のときは勘定科目『仕入』で処理します。仕入は資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方

に仕訳します。

■相手負担のとき

仕入れに関して発生した費用が相手負担のときは勘定科目『立替金』で処理します。立替金は回収債権であり資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方

に仕訳します。
■商品1000円を掛けで仕入れ、運賃100円を現金で支払った

仕入が増える → 資産が増える → 借方
買掛金が増える → 負債が増える → 貸方

現金が減る → 資産が減る → 貸方
100円分仕入が増える → 資産が増える → 借方

借方 貸方
仕入 1100円 買掛金 1000円
現金 100円

■商品1000円を掛けで仕入れ、相手負担の運賃100円を現金で支払った

仕入が増える → 資産が増える → 借方
買掛金が増える → 負債が増える → 貸方

現金が減る → 資産が減る → 貸方
立替金が増える → 資産が増える → 借方

借方 貸方
仕入 1000円 買掛金 1000円
立替金 100円 現金 100円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング