仕訳帳
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


取引の発生順に毎日の取引を仕訳という形で記録する帳簿です。
帳簿のつけ方
仕訳帳サンプル1
日付 伝票NO 摘要 借方 貸方
○月○日 数字 具体的な取引内容を
簡潔に記述
勘定科目 金額 勘定科目 金額

■日付
取引があった日付を書きます。必ず日付順に上から下に並んでいる必要があります。

■伝票NO(取引番号)
他の帳簿に転記するときに、どの取引内容なのかを明確にするためにつけられる番号です。仕訳帳に記載されている取引順に1から順番につけます。必ず順番通りに伝票NOの数字が並ぶようにしましょう

■摘要
どういった取引がなされたのかがわかるように具体的な取引内容を簡潔に記入します。できるだけ固有名詞を入れるようにします。摘要欄はできるだけ全て書き込みます。空欄が多いとあまりよくないようです

例 : A商店から仕入れ、ノート購入など

■借方と貸方
仕訳方法にしたがって勘定科目と金額を記入します。

仕訳帳サンプル2
日付 伝票NO 摘要 借方 貸方
借方補助科目 貸方補助科目
○月○日 数字 具体的な取引内容を
簡潔に記述
勘定科目 金額 勘定科目 金額
借方取引に
関係する内容
貸方取引に
関係する内容

■借方と貸方科目に補助科目
会計ソフトによっては、上記のように借方と貸方科目に補助科目があります。各補助科目には、取引に関係する内容を記入します。主に固有名詞を入力します。

つまり摘要欄の内容の一部(主に固有名詞部分)を記載し、摘要欄の記入量を減らします。記入するべき内容がとくにない場合は記入する必要はありません。

<例>
摘要 借方 貸方
借方補助科目 貸方補助科目
A銀行に現金振込み
 ↓ 
現金振込み
普通預金 1000 現金 1000
A銀行  

摘要 借方 貸方
借方補助科目 貸方補助科目
B商店に掛けで売上
 ↓ 
掛けで売上
売掛金 500 売上 500
B商店  
日付 伝票NO 摘要 借方 貸方
借方補助科目 貸方補助科目
1月25日 掛けで売上 売掛金 10000 売上 10000
A商店  
1月30日 1月分のネット接続料金 通信費 5000 普通預金 5000
  B銀行
1月30日 生活費 事業主貸 5000 普通預金 5000
  B銀行


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング