租税公課
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『租税公課』
各種税金(租税)には、租税公課として必要経費として認められているものがあります。公課には、事業を営む上で必要な組合費や商工会費などの公的な支出が経費として認められています。

必要経費になるもの 必要経費にならないもの
固定資産税
事業税、事業所税
印紙税
不動産取得税
自動車取得税、自動車重量税
登録免許税
消費税の納付額
など
所得税、住民税
加算税、延滞税
罰金
相続税
など

仕訳
租税公課は費用なので

増えると借方
減ると貸方

に仕訳します。
■100円の収入印紙を現金で購入

租税公課が増える → 費用が増える → 借方
現金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
租税公課 100円 現金 100円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング