車両運搬具
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『車両運搬具』
事業用の乗用車や貨物車、自動二輪車、自転車、リアカーなどです。

取得価額=購入代金+手数料などの付随費用

の取得価額を代金として計上します。

ただし、10万円未満のものと使用可能期間が1年未満のものは、勘定科目『消耗品費』で全額必要経費にできます。車両運搬具は、減価償却することが可能です。

なお、自動車税、自動車取得税、自動車重量税などの税金は『租税公課』、自賠責保険料、自動車保険料などの保険代金は『損害保険料』、車両運搬具を売却したときの売却損は『事業主貸』、売却益は『事業主借』で処理します。
仕訳
車両運搬具は資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方


に仕訳します。
■帳簿価額50万円の自動車を40万円で売却

車両運搬具が減る → 資産が減る → 貸方
現金が増える → 資産が増える → 借方
事業主貸が増える → 資産が増える → 借方

借方 貸方
現金 400000円 車両運搬具 500000円
事業主貸 100000円

■100万円の自動車を購入。
付随費用5万円、税金5万円、保険料10万円。
代金は振り込みで支払い


車両運搬具が増える → 資産が増える → 借方
租税公課が増える → 費用が増える → 借方
損害保険料が増える → 費用が増える → 借方
普通預金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
車両運搬具 1050000円 普通預金 1200000円
租税公課 50000円
損害保険料 100000円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング