手形
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


手形とは、「誰が、誰に、いつまでに、いくら支払う」ということを約束した紙片(証券という)のことです。手形取引だと、支払いは通常2〜3ヶ月後に支払います。手形を発行して渡すことを、振り出すといいます。

■支払手形
手形を渡した場合、後でお金を支払う義務があり、負債(支払債権)です。

■受取手形
手形を受け取った場合、後でお金を受け取る権利があり、資産(回収債権)です。
手形と掛けの違い
■手形
手形は証券を発行し、明確に支払うことを紙で約束している債権です。支払いは、通常2〜3ヶ月後です。

■掛け
掛けは基本的に口約束だけで何も発行せず、信頼関係に基づく債権です。支払いは、約1ヶ月後です。
仕訳
■支払手形
支払手形は負債なので、

増えたら貸方
減ったら借方


に仕訳します。

■受取手形
受取手形は資産なので、

増えたら借方
減ったら貸方


に仕訳します。
■手形を振り出した or 受け取ったとき

(1)A商店はB商店から商品1000円を仕入れ、手形を振り出した

仕入が増える → 資産が増える → 借方
支払手形が増える → 負債が増える → 貸方

借方 貸方
仕入 1000円 支払手形 1000円

(2)B商店はA商店に商品1000円を売り上げ、手形を受け取った

受取手形が増える → 資産が増える → 借方
売上が増える → 収益が増える → 貸方

借方 貸方
受取手形 1000円 売上 1000円

■手形の代金が決済されたとき

(1)A商店は当座預金口座を通じてB商店に手形代金1000円を支払った

支払手形が減る → 負債が減る → 借方
当座預金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
支払手形 1000円 当座預金 1000円

(2)B商店は当座預金口座を通じてA商店の手形代金1000円を受け取った

当座預金が増える → 資産が増える → 借方
受取手形が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
当座預金 1000円 受取手形 1000円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング