主要簿と補助簿
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


主要簿
複式簿記で必ず作成しなければならない帳簿を主要簿といいます。主要簿には仕訳帳総勘定元帳の2つがあります。

■仕訳帳
毎日の取引を仕訳という形で記録する帳簿のことを仕訳帳(または仕訳日記帳)といいます。

■総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)
仕訳されたものを個々の勘定科目ごとにまとめておく帳簿を総勘定元帳といいます。
補助簿
必要に応じて作成する帳簿を補助簿といいます。補助簿は、基本的に特定の勘定科目のさらに個別の種類ごとに分類した帳簿のことです。

補助簿には、補助記入帳補助元帳の2つがありますが、両者の分類に特別な意味は特になく気にする必要はないです。会計ソフトなどで単語が出てくるので知っておく必要があるという程度です。

■補助記入帳

補助記入帳
帳簿名 内容
現金出納帳 現金の入出金・残高
預金出納帳 普通預金・当座預金等の入出金・残高
売上帳 売上の日付や得意先、品名・数量・単価・合計金額など
仕入帳 仕入の日付や仕入先、品名・数量・単価・合計金額など
受取手形記入帳 個別の受取手形の内容
支払手形記入帳 個別の支払手形の内容

■補助元帳

補助元帳
帳簿名 内容
商品有高帳 商品の種類別の増減や残高、売上と仕入
売掛帳
(得意先元帳)
得意先別の掛売りや売掛金の増減や残高
買掛帳
(仕入先元帳)
仕入先別の掛買いや買掛金の増減や残高
経費帳 仕入以外の勘定科目ごとにおける個別の必要経費
固定資産台帳 個別の減価償却資産や繰延資産の償却方法・償却期間・償却残高
青色申告ソフトで使用する帳簿
上記にあげたようないろいろな帳簿がありますが、青色申告ソフトにある帳簿(つまり一般の個人事業主が提出する必要がある帳簿)は基本的に以下のものだけです。

仕訳帳
総勘定元帳
現金出納帳
預金出納帳
売掛帳
買掛帳
補助元帳(経費帳など)
固定資産台帳


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング