売掛金
貯金節約生活 > 複式簿記 > 現在のページ


勘定科目『売掛金』
売り上げたときにそのつどお金を受け取るのではなく、月末などに一括してお金を受け取ることを掛取引といいます。掛けとは「代金はあとで払います」の意味です。

掛けで売り上げた場合、あとから代金を回収することになり、この代金を売掛金(または掛代金)といいます。掛けで売り上げて後から代金を回収する場合は、勘定科目「売掛金」で処理します。
仕訳
売掛金は回収債権であり資産なので

増えたら借方
減ったら貸方


に仕訳します。
■商品100円を売り上げ、代金は掛けとした

売上が増える → 収益が増える → 貸方
売掛金が増える → 資産が増える → 借方

借方 貸方
売掛金 100円 売上 100円

■掛代金100円を現金で受け取った

現金が増える → 資産が増える → 借方
売掛金が減る → 資産が減る → 貸方

借方 貸方
現金 100円 売掛金 100円


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング