自動車代の節約
貯金節約生活 > 現在のページ


車を購入するとなると、約50〜300万円ぐらいはかかり、非常に大きな買い物になります。しかも税金やガソリン代、車検代などの維持費も非常に高く、全部含めた自動車代はものすごく高い金額になります。そこで自動車代を少しでも節約できる方法を紹介します。
車を格安で利用する方法
■家族の車に乗る・車を複数人で共有する
自分で車は買わないで、家族の乗っている車を利用するとほとんど無料で利用することができます。この方法がベストであり、税金、ガソリン代、車検代、保険代、駐車料金など、維持費だけでもかなりの出費になるので、可能な限り自分で車は買わない方が良いです。また、家族と車を共有すると、それだけで大幅に負担が軽くできます。

■必要なときだけレンタカーを借りる
とにかく、車は買わなくて済むなら買わない方が良いので、可能な限り車の変わりに電車、バス、バイク、自転車、徒歩によって移動するのが良いです。それで車の使用がそれほど多くないのなら、必要なときだけレンタカーを借りると良いです。
車を安く購入する方法
■中古車を買う
新車より割安で購入できるのでオススメです。中古車の状態が心配な方は、できるだけ走行距離が0.5〜1万Km未満の車にすると、ほとんど新車に近い状態なので心配がなくなります。以下に中古車に関する情報がのっているサイトを紹介しますので参考にしてください。

中古車情報サイト 内容
Goo-net 業界最大級の中古車登録台数。Goo-netならあなただけの1台がきっと見つかる!
カーセンサーnet リクルートが運営する中古車情報サイトです。全国の中古車情報を掲載中!中古車の相場表も完備。中古車選びをサポートします。
ガリバー ガリバーの豊富な在庫のオンライン検索や全国店舗検索、無料愛車査定サービス。全国展開の『Gulliver』ならではの豊富な在庫を検索【ここにしかないクルマ】が見つかります!!

■決算期直前の2〜3月に購入
ディーラー(販売店)の決算期は3月なので、目標販売台数達成のために2〜3月に買いに行くと値引額が大きくなって安く購入しやすい可能性があります。

決算期以外と比較して、決算期では約数万円ぐらい安く購入できる可能性があります。

■発売から2年以上経過している車を買う
新しく発売された車ほど値段が高く値引されづらいので、できるだけ発売から2年以上は経過している車を購入すると、安く購入しやすいです。

■車庫証明書を自分で取得する
ディーラーが代行してやってくれる車庫証明書の取得を自分ですると、代行手数料が約1万5000円ほど節約することができます。車庫証明書は、警察署に書類を申請し後日取りに行くだけなので簡単です。

■必要最小限の機能がある車を買う
最近の車は、様々な機能、装備ががありますが、機能が多ければ多いほど値段が高くなります。でも車本来の機能は、「人やモノを乗せて移動する」ことです。だから余計な機能は、本来必要でない機能であり無理にオプションで付け加える必要はないものです。なので、できるだけ必要としている最小限の機能がある車にすれば、購入費を安くすることができます。

■割安な軽自動車を買う
軽自動車は、普通乗用車と比較して購入費や税金、維持費が割安でお得です。燃費も良いのでガソリン代も安く済みます。なので車を買うなら、軽自動車がオススメです。以下のその比較表を示します。

項目 軽自動車 普通乗用車の
コンパクトカー
差額
車両本体価格 約80〜160万円 約100〜200万円 約20〜40万円
自動車税 年間7200円 年間3万4500円 年間2万7300円
自動車取得税 取得額の3%
約2万4000〜4万8000円
取得額の5%
約5万〜10万円
約2万7300万円
自動車重量税
(購入時)
1万3200円 5万6700円 4万3500円
総額 約84万4400円〜
約166万8400円
約114万1200円〜
約219万1200円
約29万6800円〜
約52万2800円


HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング