契約内容のチェックポイント
貯金節約生活 > 安い自動車保険の選び方 > 現在のページ


契約する内容に間違いなどがあると、万が一のときに保険金が支払われないことがあります。よくよくしっかりと契約内容をチェックしてください。

■契約する車両の内容は正しいか
@車種
A登録番号
B車台番号
C車名
D初度登録年数
など

■記名被保険者は、車を主に使用する人になっているか?
契約者と車を主に使用する人が異なる場合は、記名被保険者の欄に必ずその運転手の名前を記載してください。

■記名被保険者の運転免許証の色は間違いないか?
記名被保険者の運転免許証の色がゴールドであった場合、契約条件によってはゴールド免許割引という保険料の割引をしてもらえることがあります。

■契約する車の使用目的は間違いないか?
使用目的 基準
業務使用 契約する車を年間を通して週5日以上、または月15日以上、仕事に使用する場合
通勤・通学使用 契約する車を年間を通して週5日以上、または月15日以上、通勤や通学に使う場合
日常・レジャー使用 業務、通勤・通学のいずれにも該当しない場合

■運転者年齢限定の設定は問題ないか?
運転者年齢限定特約は、全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上の5種類がありますが、運転する可能性がある全ての人(車を主に使用する人だけではない)の年齢以上にしてください。

■運転者の限定の設定は問題ないか?
家族限定特約は、運転する人が記名被保険者及びその家族(配偶者、同居の親族、別居の未婚の子)の方のみに限定する特約です。

本人・配偶者限定特約は、運転する人が記名被保険者及びその配偶者の方のみに限定する特約です。

運転する可能性がある全ての人を含むように特約をつけているかよくご確認ください。

■保険期間は問題ないか?

■保険金を支払えない場合を確認すること
約款の中に保険金を支払えない場合が書かれてあるので、万が一の場合、こんなはずではなかったということがないように、その部分だけはしっかりと確認しておいてください。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング