任意保険
貯金節約生活 > 安い自動車保険の選び方 > 現在のページ


自賠責保険だけでは、相手を死傷させた場合の賠償金だけ支払われて、しかも賠償金額が最大で4000万円までです。しかし、死傷させた場合には賠償金額が1億円以上にもなることがよくありますし、相手のモノへの賠償金などは自賠責保険では補償してもらえないので、十分な補償内容とはいえません。

そのため自賠責保険を補うために、任意で入る任意保険に加入するのが一般的です。任意保険は、自賠責保険では賄いきれない賠償金額などを補償するものであり、自賠責保険で全て支払うことができるなら、任意保険からも2重で支払われることはありません。

例えば、相手を死傷させた場合の賠償金が5000万円なら、自賠責保険の上限額である4000万円を超過する1000万円を補償してくれることになります。
任意保険の種類
■相手の方(人、モノ)への補償
保険名 内容
対人賠償保険 契約した車の所有、使用、管理上の原因により、他人を負傷または死亡させた場合の損害賠償を補償する。自賠責保険の保険金を超過した保険金額に対して支払われます。

なお、他人とは、歩行者、相手の車の搭乗者、ご自身の車の同乗者などをいい、運転者または主に運転される方 (記名被保険者) とその家族などは除きます。
対物賠償保険 契約した車の所有、使用、管理上の原因により、他人の財物(自動車や建物など)に損害を与えた場合の損害賠償を補償してくれます。

■自分(人)への補償
保険名 内容
自損事故保険 契約した車に搭乗中の方が自損事故(ガードレール・電柱・家屋などに衝突、崖から転落など)により死傷した場合、保険金が支払われます。
搭乗者傷害保険 契約した車に搭乗中の方(運転手を含む)が自動車事故により死傷した場合に、保険金が支払われます。
無保険車傷害保険 任意保険に加入していなかったり、入っていても十分な補償が得られない無保険車との事故により、死亡または後遺障害を被った場合、加害者側からもらえない損害賠償額を補償してくれます。

なお無保険車とは、以下の4つのいずれかを満たす場合です。

@任意保険の対人賠償保険に加入していない車
A任意保険の対人賠償保険に加入しているが、保険契約に違反しているなどの理由で保険金がおりない場合
B任意保険の対人賠償保険に加入しているが、その保険金額が被害者の損害金額を下回る場合
Cひき逃げなどで加害者がわからない場合
人身傷害保険
(人身傷害補償特約)
契約した車に乗っている人(契約者またはその家族)が自動車事故で死傷した場合に、その過失割合にかかわらず治療費、休業補償、慰謝料などを補償してもらえます。

この保険の必要性は、交通事故でケガをしたり死亡しても、その本人に過失がある場合は保険金がその分、過失相殺されてしまい、最悪の場合(被害者の過失割合100%)、相手方の保険から一切の保険金がもらえない場合があります。このようなときのために、必要となる保険です。

被害者が死亡した場合などでは、被害者側の証言が得られないので、加害者側の証言が全面的に通る傾向があり、被害者側により多くの過失割合があると認定されることがしばしばあります。このような背景があって生まれた保険です。

■自分の車への補償
保険名 内容
車両保険 契約した車が事故や盗難などに遭って生じた損害を補償してくれます。

■特約
特約名 内容
運転者に関する特約 家族限定特約
運転する人が、記名被保険者及びその家族(配偶者、同居の親族、別居の未婚の子)の方のみに限定することにより保険料が安くなる特約。

本人・配偶者限定特約
運転する人が、記名被保険者及びその配偶者の方のみに限定することにより、家族限定特約よりも保険料が安くなる特約。
運転者年齢限定特約 運転する人の年齢を限定することにより、保険料が安くなる特約。

年齢による条件は以下の5種類です。

@全年齢
A21歳以上
B26歳以上
C30歳以上
D35歳以上

保険料の高さは、@>A>B>C>D です。
ファミリーバイク特約
(原動機付自転車担保特約)
排気量125cc以下の原動機付自転車(借用車を含む)に、主に対人賠償保険、対物賠償保険などの保険を付加する特約です。運転対象者は、記名被保険者本人、その配偶者、同居の親族、別居の未婚の子です。なお、付加される保険は、会社によって違います。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング