交通事故にあった場合の対処方法
貯金節約生活 > 安い自動車保険の選び方 > 現在のページ


1、相手の車両の登録ナンバーを確認する
交通事故にあったら、当て逃げなどを防止するために、何よりも最初に交通事故にあった相手の車両の登録ナンバーを確認しておいてください。

2、ケガ人の救護
応急手当をしたり、救急車を呼ぶなどしてケガ人の救護をしてください。

3、事故の拡大を防ぐ措置をすること
事故の拡大を防ぐため、車を安全な場所へ移動させたり、停止表示器材を置くなどしましょう。

4、事故時に、事故現場から警察にすぐに届け出る
警察に届け出ないと、保険金の請求に必要な交通事故証明書がもらえません。なので、必ず交通事故にあったら事故時に、事故現場からすぐに警察に届け出てください。そして、警察に届け出た後に、自動車安全運転センターから、交通事故証明書の交付を受けてください。

5、事故現場にいた目撃者を確保する
訴訟などのトラブルになったときには、第3者の目撃者の発言が重要となってきます。なので、交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしたり、氏名や連絡先を聞いておきましょう。 万が一のときには、証人になってもらえるようにしておく必要があります。

6、事故現場の状況、事故当時の車の状態などの証拠保全を自分でする
後々の過失割合などの争いになったときにおいて、重要となるのは事故現場の状況、事故当時の車の状態などの明確な証拠です。決して他人任せなどにしないで、必ず自分で写真を撮るなどしてできる限りの証拠保全に努めましょう。

@事故現場と事故当時の車の状態は、必ず写真を撮っておきましょう。
車の損傷箇所、路面のタイヤ痕、落下物、ガードレールなどの損傷などをあらゆる角度から何枚も撮っておきましょう。

A事故車はできるだけ事故当時の車の状態のまま保管するようにしましょう。できないなら損傷箇所などをできるだけ写真でたくさん撮っておきましょう。

B事故時に身に着けていた衣類、ヘルメットなどは、その当時の状態のまま完全に保存しておきましょう。

7、現場での示談交渉はしないこと
保険会社の同意なしに示談交渉をすると、保険金を受け取れないことがあります。なので、現場での勝手な示談交渉はしないようにしましょう。

8、保険会社に連絡すること
保険会社に連絡して、事故解決に向けてどうすれば良いかご相談してください。各種対応や保険金の支払いに向けてするべきことなど、様々なアドバイスをしてくれると思います。

9、医師の診断を受ける
事故当時は大丈夫だと思っていても、実は大きなケガをしていたということがあるので、必ず医者に診てもらっておきましょう。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング