ドメイン名の登録
貯金節約生活 > 独自ドメイン料金の節約 > 現在のページ


ドメイン名の登録には、登録機関に申請する必要があり、トップレベルドメイン(TLD)のgTLDとccTLDによって登録方法が変わってきます。

基本的には、レジストリ(データ管理)とレジストラ(登録申請受付と登録)によって登録が行われています。gTLDの登録の場合は、レジストラの下にリセラ(登録申請の取次業者)がいます。

ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers、アイキャン)
インターネットのIPアドレスやドメイン名などの資源を全世界的に管理・調整している組織です。gTLDのレジストリとレジストラは、ICANNとの契約に基づいて業務を行っています。

■レジストリ
ドメイン名のデータベースを一元的に管理している組織です。TLDごとに1つのレジストリが存在しています。

■レジストラ
ドメイン名の登録申請を受け付けて、レジストリにドメイン名の登録を行っている組織です。レジストリがTLDごとに1つなのに対して、レジストラは競争原理が働くように複数存在しています。

■リセラ
レジストラとの契約により、レジストラへのドメイン名の登録申請取次を行っている業者です。gTLDのドメイン名登録の場合のみ存在しており、JPドメインの登録では存在しておりません。



【参考サイト】
ドメイン名の登録


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング