ガス代の節約
貯金節約生活 > 現在のページ


ガス代の節約につながる情報を提供しています。
ガス代の仕組み
■ガス代の計算式
ガス代 = 基本料金 + 単位料金 × ガス使用量

■基本料金と単位料金
月ごとの使用量によって、以下の表のように段階的に基本料金と単位料金も変化します。

ガス代のサンプル
ガス使用量(月/m^3) 基本料金(円) 単位料金(円)
0〜20 724.5 150.71
20〜50 1230 125.44
50〜200 1410 121.84
200〜500 3160 113.09
500をこえる場合 6440 106.53

■ガス代の計算例:ガス使用量=30(m^3)
ガス代 = 1230+30×125.44 = 4993円
エコジョーズ(高効率給湯器)
エコジョーズとは、従来のガス給湯器では約80%が限界だった給湯熱効率を、排気熱・潜熱回収システムにより約95%までに向上した高効率のガス給湯器のことです。

■エコジョーズの魅力
(1)給湯によるガス代が年間約1万円節約できます。
(2)ガス料金が一般料金より割安になることがあります。
(3)国の補助金が出ます。

参考:東京ガス:ガス温水機器:エコジョーズ

■エコジョーズとエコキュートの比較
以下にエコジョーズ(ガス給湯器)とエコキュート(電気給湯器)の費用について比較した表を示します。

  ガス給湯器(エコジョーズ) エコキュート
1年間の光熱費 約7万4100円 約1万3400円
販売価格 約11〜15万円
(定価:約40万円)
参考:エコジョーズ専門店
約30〜40万円
(定価:約80万円)
参考:エコキュートの価格
10年間の光熱費
+販売価格
約84〜89万円 約43〜53万円

上の表からわかるように、エコキュートの方が光熱費が非常に安く、初期費用が高くても長年使えば、エコジョーズよりも総費用は安くすることができる計算です。なので、新しく給湯器を買い替えるならエコキュートの方が良いように思います。
ガス代を0にできる究極の節約のオール電化
オール電化とは、ガスによる熱の発生(ガスコンロ、給湯など)を全て電気で行うようにした住宅のことです。

具体的には、ガスコンロの変わりに電気によるIHクッキングヒーターを使用し、給湯にも電気によるエコキュート(電気給湯機)を使用します。

■オール電化の魅力、特徴
(1)ガス料金が一切発生しないので、基本料金を電気料金に一本化できて、ガス料金の基本料金分が節約できます。
(2)ガス給湯器よりもエコキュート(電気給湯機)の方が光熱費が非常に安いです。
(3)オール電化にすると電気料金が割引されます。
(4)火を使用せず、鍋だけが熱くなるので夏場でも熱くないです。
(5)火が出ないので、直接燃え移ることがなく安心できます。

以上のような魅力、特徴があり、オール電化にすると、電気とガス併用よりも光熱費を割安にすることができます。(参考:オール電化の魅力 優れた経済性
節約金額
ガスシステム 1年間のガス代(円)
全て通常 5000(円/月)×12(ヶ月)=6万
オール電化(ガスなし) 0(円/月)×12(ヶ月)=0

年間節約金額 = 6万円


HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング