複式簿記
貯金節約生活 > 現在のページ


青色申告ソフトを使用して青色申告するために最低限必要な複式簿記知識、各種帳簿のつけ方、仕訳方法を解説しています。
複式簿記について
必ず左側に借方(かりかた)右側に貸方(かしかた)という2つの項目が帳簿にあり、その金額が借方 = 貸方となるように仕訳と呼ばれる方法により記帳されている簿記のことを複式簿記といいます。

借方 貸方
現金 1000円 売上 1000円
帳簿の記帳代行サービス
もし、何らかの理由でどうしても自分で帳簿に記帳できない場合は、青色申告65万控除対応の記帳代行してくれるサービスがありますのでご利用をご検討ください。
⇒ すみだ確定申告センター
複式簿記の基礎
借方と貸方
貸借対照表 =資産・負債・資本についての情報
損益計算書 =収益・費用・利益についての情報
仕訳方法
各種帳簿のつけ方
主要簿と補助簿
青色申告ソフトによる簿記の流れ

■青色申告ソフトで使用する各種帳簿

会計ソフトによる記帳
記帳方法 記入する帳簿 自動で作成される帳簿
仕訳帳で記入する方法 仕訳帳 仕訳帳以外の全ての連動帳簿
仕訳帳以外の個々の
帳簿で記入する方法
現金出納帳、預金出納帳
売掛帳、買掛帳
左記帳簿以外の全ての連動帳簿
伝票で記入する方法 振替伝票、入金伝票
出金伝票
全ての連動帳簿

連動帳簿名 内容
仕訳帳 毎日の取引を仕訳という形で記録する帳簿
総勘定元帳 個々の勘定科目ごとにまとめておく帳簿
現金出納帳 現金の入出金・残高
預金出納帳 普通預金・当座預金等の入出金・残高
売掛帳
(得意先元帳)
得意先別の掛売りや売掛金の増減や残高
買掛帳
(仕入先元帳)
仕入先別の掛買いや買掛金の増減や残高
経費帳 仕入以外の勘定科目ごとの必要経費

別途入力帳簿名 内容
固定資産台帳 個別の減価償却資産や繰延資産の償却方法・償却期間・償却残高

伝票会計 内容
入金伝票 現金を受け取ったときに記入する伝票
出金伝票 現金を支払ったときに記入する伝票
振替伝票 現金取引以外の取引(振替取引)が行われたときに記入する伝票
自分の事業と関係のある項目だけ読んで処理すれば大丈夫です。勘定科目は『』で示しています。

■現金と預金

項目 内容
現金 現金だけでなく小切手、配当金領収書、郵便為替証書も現金扱い
現金過不足 帳簿と実際の金額が違うときに利用
その他の預金(普通預金) 普通預金、貯蓄預金、郵便貯金、外貨預金など
定期預金  
当座預金 利息がつかない小切手で引き出す口座

■商品仕入れ

項目 内容
仕入 販売するために商品を購入すること(売上原価になるもの)
買掛金 商品を掛取引で購入し後でお金を支払う場合
仕入れ戻し 仕入商品を返したとき
仕入れ値引 仕入代金の一部を引き下げること
仕入れ諸掛 商品を仕入れたときに発生した費用(運賃、保険料、手数料など)
前払金 前もって代金の一部を支払って仕入れたとき

■商品売上

項目 内容
売上 収入
売掛金 掛けで売り上げて後から代金を回収する場合
売上戻り 一度売った商品が返されること
売上値引 売り上げた商品の代金を引き下げたとき
販売諸掛り 商品を販売するときに、発生した費用(発送運賃など)
前受金 代金の一部を先に受け取って、あとで商品を渡す場合

必要経費=売上原価に関係しない収入を得るために必要な費用

項目 内容
租税公課 各種税金の中で経費として認められているもの
荷造運賃 商品販売のために出荷・配送する梱包材、包装材、運送費などの費用
水道光熱費 水道・電気・ガス・灯油代など
旅費交通費 事業に関連した交通費と旅費
通信費 郵便料金、電話料金、インターネット接続料金など
広告宣伝費 事業に関する宣伝効果を狙った支出
接待交際費 事業に関係のある人に接待や贈り物をした費用
損害保険料 商品や事業に利用する資産にかけた火災・盗難保険、自動車保険など
修繕費 機械、自動車、建物の修理代や維持管理費用
消耗品費 事務用品(文房具、各種ソフト代など)・小額の備品代
1年未満か10万円未満の資産(パソコン周辺機器など)
福利厚生費 従業員の健康や慰安・慶弔・医療・衛生・保険などに支出した費用
給料賃金 専従者以外の従業員への給与・ボーナス・手当・退職金など
外注工賃 事業に関係する営業、事務、清掃などを外部に依頼した費用
利子割引料 事業上の借入金に支払った利息
地代家賃 土地や建物などの不動産賃借料、月極駐車場料金
貸倒金 回収できなくなった売掛金などの回収債権の貸倒損失
雑費 手数料などの他の勘定科目にあてはまらない経費
新聞図書費 新聞・書籍・雑誌代
専従者給与 事業専従者に対する給与

■事業主関係

項目 内容
事業主貸 事業主に貸したお金
事業で得たお金を生活費などに私的利用するときに使用
事業主借 事業主に借りたお金
預金利息などの自分のお金を事業にいれるときに使用
元入金 期首時点での純資産総額(=資産−負債)

これだけは日々の取引で記帳処理しなくてもよいし
会計ソフトが自動でやってくれるので気にする必要はないが
事業主関係としてここで説明しておきます

固定資産

項目 内容
建物 店舗、工場、事務所、倉庫などの事業用の建物
建物付属設備 建物に付属する冷暖房、照明器具、エレベーター、
給排水、自動ドアなどの各種設備
機械装置 製造業などの工場や建設業などで用いる機械や装置
車両運搬具 乗用車や貨物車、自動二輪車、自転車、リアカーなど
工具 器具 備品 各種工具、キャビネット、事務用机、家具、観葉植物、
電化製品(パソコン、テレビ、オーディオ、ファクシミリ等)など
土地 店舗、工場、事務所、倉庫、駐車場などの敷地

手形

項目 内容
受取手形 手形を受け取った場合
支払手形 手形を渡した場合

■その他の資産と負債

項目 内容
未払金 仕入に関わる商品以外のモノを買って代金を支払っていない場合
未収金 売上に関わる商品以外のモノを売って代金を受け取ってない場合
立替金 立て替えたお金(回収債権)
預り金 お金を預かった場合(源泉徴収するときなどに使用)
決算(12月31日)のときにだけ必要となる会計処理
自分の事業と関係のある項目だけ読んで処理すれば大丈夫です。

項目 内容
棚卸資産の評価 期末に残った仕入在庫などから棚卸資産の評価をする
一般の青色申告ソフトには商品有高帳がないので
本格的に仕入などをして商売をしている人は
別のソフトを購入する必要あり
必要経費の按分 必要経費を事業と家事の分とでわける
固定資産の
減価償却費
基本的に10万円以上の資産
はすぐに全額必要経費できず固定資産として
決められたルール(定額法、定率法)に従って
ある一定の金額を減価償却費として必要経費にする
費用の繰り延べ 当期に次期分まで前払いした費用を次期分にすること
現金過不足の処理 現金過不足の原因が決算までわからなかったとき
貸倒引当金 売掛金などの回収債権のうち
貸し倒れるかもしれない金額を
あらかじめ必要経費として見積もる
貸金の帳簿価額の合計額の5.5%以下まで認められている

【参考サイト】
申告納税制度

損益計算書と貸借対照表の作成
=会計ソフトが自動で作成してくれます

青色申告ソフトによる帳簿で確認するべきこと

所得税確定申告書の作成は、国税庁のホームページから無料で作成することができます。

毎年の税制改正についての情報は、税制ホームページ:財務省を参照してください。


HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング