高速モバイルのメリットや特徴
貯金節約生活 > 安いプロバイダー・光・ADSL > 現在のページ


高速モバイルとは
高速モバイルとは、無線で高速のインターネット接続ができるサービスです。データ端末またはデータカードと呼ばれるものをパソコンのUSBやPCカードに挿し込むだけで、提供エリア内ならいつどもどこでも簡単に高速の無線インターネット接続ができるようになります。
高速モバイルのメリットや特徴
提供エリア内なら、いつでもどこでもインターネットが可能!
高速モバイルの最大の特徴が、提供エリア内ならパソコンをどこに持って行っても、いつでもどこでもインターネットができることです。

なので、外出中や出張中、旅行中、引越し先でも、提供エリア内ならどこでもインターネットができるので大変便利です。移動することが多く、移動先でもインターネットをしたい人におススメなのが高速モバイルです。また、社宅や寮などで、電話回線や光ファイバーを引けない人にもおススメです。

通信速度は、上り速度が最大で約7.2〜40Mbps、下り速度が最大で約1.4〜10Mbps
ナローバンドのISDNの56kbpsと比較して、下り速度は100倍近く速いです!無線のインターネット接続で、これだけの通信速度が出るというのは驚異的と言えます。

約1000〜6000円の2段階定額制で使いたい放題!!
一般に2段階定額制になっており以下のような料金体系になっています。

通信量 料金
通信量 ≦ A 約1000〜2000円の定額
A < 通信量 < B 通信量に応じた従量課金制

通信量=A → 約1000〜2000円
通信量=B → 約6000円
B ≦ 通信量 約5000円の定額

工事が不要で、データ端末をパソコンに挿し込むだけで利用可能!
配線工事などが全く必要でなく、データ端末(データカード)をパソコンに挿し込むだけでインターネットを利用できるようになります。データカードの接続端子の種類は、USB、CFカード、PCカード、ExpressCardと様々な種類があります。

■提供エリアは、人口密集地帯に限られています
【参考サイト】
高速モバイルの提供エリア

■通信の安定性はよくない
パソコンから基地局までの距離によって通信速度が変わってきますし、遮蔽物などがあると通信ができなくなるなど、電波状態によって通信状態は変わってきます。また、同じエリア内に複数の利用者がいると、通信速度が低下することになります。

■ベストエフォート型
通信速度については、ベストエフォート型です。ここでのベストエフォートの意味は、「提示している通信速度が出るように最大限の努力を行いますが、必ずしも提示している通信速度を保証するものではありません」という意味です。

通信速度はアクセスするサイトごとや電波状態、使用しているパソコンのソフト、ハードなどによって変わってきますので、常に一定の通信速度を保つのは基本的に不可能ということです。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング