青色申告について
貯金節約生活 > 節税対策 > 現在のページ


青色申告と白色申告の違い
確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。

■白色申告

白色申告は簡単な帳簿をつければいい方式です。その代わり、税の優遇はありません。極論すれば、「損益計算書(収支内訳書)」(所得=収入−経費 がわかる決算書)を書き記すことができる各種資料があればよいです。

すなわち、

@収入に関する証明資料(預金通帳など)
A経費(支出)に関する証明資料(領収書など)


の2点があれば基本的に問題なく、後は税務署に相談しに行けば丁寧に申告書の書き方を教えてもらえます。ただし白色申告でも、所得金額が300万円を超える場合は、帳簿の記帳・保存が必要となります。

【参考サイト】
記帳・記録保存制度

■青色申告

青色申告は、一定の帳簿を正しい記帳法でつけなければならないが、税の免除など様々なメリットがあります。こちらは、資料さえあれば良いということはなく、しっかりと帳簿をつけて提出し保存しておく必要があり、一定の簿記知識が必要となります。

■まとめ
以上から、青色申告と白色申告の違いとは、

・作業面ではしっかりと帳簿をつけるかどうか
・税制面で優遇されるかどうか


の2点に集約されます。
青色申告のメリット
■10万円か65万円の所得控除を受けられる

簿記方式によって控除額が変わります。

■家族に支払った給料を全額必要経費にできる
事業を手伝ってくれる人を事業専従者などといいます。

  青色申告 白色申告
届出 事前に税務署に届出 確定申告時に届出
控除金額 全額 配偶者は86万円まで、その他親族は50万円まで
各種控除 配偶者控除、扶養控除などを合わせて利用できない 左に同じ

【参考サイト】
専従者給与と専従者控除

■赤字の繰越控除が受けられる

赤字が出たら、その赤字を3年間にわたって繰り越して毎年の利益からその損失額をひくことができます。

■貸倒引当金の計上が認められる

売掛金などの債権の貸倒れに備えて、あらかじめ見積もった金額を必要経費とすることが認められます。

■税務署が推計課税できない

確定申告に対して税務署がそれに納得するとはかぎらず、認めない場合白色申告だと税務署が一方的に税額を推計して、課税することができてしまいます。一方、青色申告の場合、その理由を税務署側があきらかにしないかぎり追徴課税できません。

■比較表
  青色申告 白色申告
特別控除 10万円か65万円あり なし
専従者給与の
必要経費
全額可 配偶者は86万円、
親族は50万円まで
赤字の繰越 翌年以降3年間認められる 特定の損失などに限定
貸倒引当金の計上 できる できない
推計課税 されない される

【参考サイト】
申告納税制度
青色申告のできる方
誰でも可能というわけではなく、基本的に自営業といいますか、どこかの会社に属して稼いだお金ではなく独力によって稼いでいる所得に対してだけが可能となります。具体的には以下のの3つの所得がある人と規定されています。

事業所得 小売業、卸売業、製造業、加工業、修理業、サービス業、建築業、農業、漁業、医療保険業などを営んでいる方
不動産所得 土地、家屋、アパート、店舗などを賃貸している方
山林所得 5年を超えて所有する山林を伐採、譲渡している方

■ネットアフィリエイトの所得は?
商品などの広告を宣伝して紹介料を得るという形なので、基本的に「広告業」という形になり、事業所得とみなされます。

■会社に勤務していて給与所得がある人のネットアフィリエイト
副業ということになり、場合によって雑所得か事業所得かにして処理します。どういう基準で両所得に分類されるかというと、

雑所得 :開業届けをしていない場合
事業所得:開業届けをしている場合

で分類されます。

(1)金額が20万円以下の場合
雑所得ということで申告する必要はありません。

【参考サイト】
ラリーマンで確定申告が必要な人

(2)金額が20万円より大きい場合
雑所得でも申告する必要性があり、収入が少ないなら帳簿の記入作業などが面倒なので白色申告でした方がよいと思います。収入が大きいなら、納める税金も高くなるので雑所得としてではなく事業所得として開業届けをして青色申告した方が良いと思います。
青色申告するために必要な手続き
申請書・届出書 提出期限
所得税の青色申告承認申請書

青色事業専従者給与に関する届出書
(事業に専従している家族がある場合)

現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書
(現金主義による所得計算を行う場合)
適用を受けようとする年の3月15日まで

新規開業の場合は、開業後2ヶ月以内
(開業が1月15日以内なら3月15日まで)
個人事業の開廃業等届出書
原則的には、開業の日から1ヶ月以内

実際はそれ以上でも柔軟に受け付けてくれます

上記全ての提出先 = 納税地を所轄する税務署長

*補足*
新規開業時の提出期限は、新規開業していきなりその年を青色申告でしたいならその提出期限を守らないとできないということです。

実際には、新規開業してから2ヶ月以内に提出しなければならないなどの規則を知っている人は少ないので、いったんは白色申告でやり、その次に青色申告に替える方が多いのではないかと思います。
青色申告承認申請書の書き方
■屋号

法人でいえば会社名
店なら店名
サイトならサイト名

を記入します。

■簿記方式

複式簿記:65万円の控除
簡易簿記:10万円の控除

■備付帳簿名青色申告に必要な帳簿

記帳する簿記方式によって備え付ける帳簿は違ってきます。

<貸借対照表と損益計算書が必要で控除額が65万円>

「複式簿記」
*主要簿(必須)*
・仕訳帳
・総勘定元帳

*補助簿(必要に応じて)*
・現金出納帳
・売上帳
・仕入帳
など

補助簿については、それぞれの事業によって違い、仕訳帳に出てくる勘定科目の補助簿が必要ということです。

<損益計算書が必要で控除額が10万円>

(1)「標準簡易帳簿」
・現金出納帳
・売掛帳
・買掛帳
・経費帳
・固定資産台帳

(2)「現金式簡易帳簿」
・現金式簡易帳簿(現金出納帳と基本的に同じ)

日々の入金と出金だけを記帳しておくだけでよい最も簡単な帳簿です。ただし、あらかじめ「現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書」を税務署に提出しておく必要があります

参考:国税局・税務署「あなたもはじめてみませんか 青色申告を!」
のパンフレット

■その他の書き方
国税庁のサイトのPDFファイルに書き方が書かれているのでご参考にしてください。
初心者が複式簿記で青色申告できるようになる方法
帳簿をつけたことがない人にとっては、先に示した帳簿などは聞いたことがないものばかりで、かつそのような帳簿のつけ方などわからず、戸惑っておられるのではないかと思います。

実際、私も最初は簿記のことは何も知らず、知らない単語ばかりで何が何だかさっぱりのちょっとしたパニック状態で、とても帳簿なんてつけられないから青色申告なんて到底できないと思っていました。

そのような人は青色申告承認申請書を届け出る前に、素人から複式簿記で青色申告できるようにまでなった私が実際にした以下のことをするのをおススメします。

(1)日商簿記3級の勉強を1週間ほどする

日商簿記3級は、個人会社レベルの簿記知識を試す資格で、個人事業主が青色申告できるようになるための勉強として最適のものです。なお、2級は株式会社レベルのもので、株式に関する処理などが試されます。

実際に私は日商簿記3級の勉強をして、わずか1週間で複式簿記で記帳できるようになりました。内容については、複式簿記をご覧ください。四則演算(+、−、÷、×)さえできれば誰でも理解できるもので、初心者にもわかりやすくしっかり解説しています。

(2)会計ソフトを使用して帳簿をつける

今現在は会計ソフトで帳簿を記帳するのが一般的であり、基本的に一つの帳簿(仕訳帳)さえつければ後は全ての帳簿、決算書を自動で作成してくれるという非常に便利で素晴らしいものです。利用すれば大幅に時間短縮できて計算も正確なので絶対おススメです。

それで、簿記3級の勉強が終わったら、実際に会計ソフトを利用して記帳してみると良いです。勉強前ならまるでよくわからなかった単語ばかりだったのが驚くほど何でもわかるようになっており、会計ソフトを使いこなすことができると思います。

おススメのものは、青色申告ソフト比較をご覧ください。

(3)税務署に行き、帳簿のつけ方の指導をお願いする書類を出して無料で税理士などに指導してもらう

信頼できる税理士などの税の専門家による記帳指導を無料で受けることができる制度があります。帳簿のつけ方から決算の仕方まで、専門家が親切ていねいにサポートしてくれます。

1回につき60分から90分程度で、記帳の開始から決算の仕方までを1巡として年4回程度受けられます。なお、記帳指導終了後も記帳方法に不安がある場合は、再度記帳指導を希望することもできます。

【参考サイト】
税理士による記帳指導

独学だけでは、どうしてもわからないことがあったりすると思うのでお願いすると良いと思います。私の場合、わざわざ家まで税理士の方が来てもらえて無料で丁寧に記帳指導してもらえました。

なお、指導してくれる方が使用している会計ソフトと自分のが違うとソフトの使い方まではなかなかしっかり教えてもらえません。なので、先に会計ソフトを購入し、記帳指導の希望票に記入欄があるので、使用している会計ソフト名を記入すれば、できるだけそれを使用している方に指導してもらえると思います。(注意:必ずそうなるとは限りません)

私は、購入前にお願いしたのでその点を失敗したと思いアドバイスさせてもらってます。



以上の3点を、(1)から順番にしっかりやっていけば、初心者の方でも会計ソフトでの帳簿と決算書の作成ができて複式簿記による青色申告ができるようになるはずです。上記3点を試しても、どうしても複式簿記では無理という方は、控除額10万円の簡易帳簿でつけられると良いと思います。

【参考サイト】
簡易帳簿の記帳の仕方
青色申告が取り消される場合
■帳簿をきちんとつけていない

■税務署の調査の際に帳簿を見せることを拒む

■二重帳簿をつける

■申告期限を守らない

などのとき、取り消される可能性がありますのでお気をつけください。

【参考サイト】
承認の取消しについて


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング