お金持ちになる方法
貯金節約生活 > 現在のページ


お金持ちになるための最も王道の方法でありかつ、金銭的に不自由のない豊かな生活・人生を送るために重要なことは、以下の4つです。

仕事する」 「節約する」 「貯金する」 「投資する

自分の力でお金持ちになった多くの人は、この4つを主に実行した人です。

それを示すように世界でトップクラスの大富豪であるビル・ゲイツ氏(マイクロソフトの創業者)やウォーレン・バフェット氏(バークシャー・ハサウェイの経営者)は、以下の2点を行った結果、持ち株資産が巨大となって超大金持ちになりました。

@自分の会社または特定の会社の株に投資する。

A投資したその会社の経営者として、仕事(収入を得る)・節約(支出の削減)・貯金(資本増加)・投資を何十年も繰り返して会社を大きくする。

お金持ちになるために、決して裏技的なことをしたのではなく、猛烈に仕事をして、節約して、貯金して、投資した結果、お金持ちになったのです。

「仕事する」

まず、何らかの仕事をすることにより、お金を稼がないと何も始まりません。何よりも「仕事をして安定した収入を得続けること」が大事です。

「貯金する」&「節約する」

仕事をして稼いだお金は、必ず一定割合は貯金することが大事であり、貯金するためにできる限り節約することが重要です。

「投資する」

最後に貯金して貯めたお金は、将来的にお金を得ることに寄与しない消費」に使うのではなく、できる限り将来的にお金を得ることに寄与する投資」に使いましょう。

投資とは、あるものに投入した金額が、将来的なその成長などによって、投入した金額以上のお金が返ってくることを期待できる行為のことです。

投資における重要なポイントは、将来的な成長などを高い確率で期待できるものにお金を投資することです。

代表的な投資行為とは、以下のものです。

@自分に対して教育投資・自己投資する(勉強する)
→将来的に良い仕事につけたりして回収できることが期待できます。

A子供をつくり立派に育て上げる
→将来的に親孝行してくれることが期待できます。

B太陽光発電を設置する
→将来的にかつ長期間、電気代が安くなることによって回収できることが期待できます。

C会社(株式)に投資する
→将来的にその会社が成長して、配当金や株価の上昇による利益が期待できます。

お金持ちになるためという点では、投資こそ、最もお金をかける価値ある行為といえるでしょう。

この投資の部分にお金をかけない、かけてないのならば、金銭的に不自由のない豊かな生活・人生を送ることは難しいでしょう。

なので、お金持ちになるためには、自分の持っているお金、稼いだお金の大半は、できる限り必ず投資行為につぎこむようにしましょう。



HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング