貯金は3分割して増やす
貯金節約生活 > 現在のページ


稼いだお金は、その目的などによって、『生活資金』、『目的資金』、『投資資金』に3分割して貯金を増やすことを考えましょう。

全資金 = 生活資金 + 目的資金 + 投資資金

■生活資金
これは生活するために必要なお金で、日々支出する食費などに使うお金です。この生活資金は使うためのお金なので、できるだけ少なくなるようにする努力が必要です。

■目的資金
子どもの教育資金や住宅ローンの支払いなどの、その使用目的が明確であるお金です。この目的資金は、「安全」「安心」「確実」に貯金することが最も重要なので、給料から天引きされる自動積立などにより郵便局や銀行などに定期預金などして貯金を増やすようにしましょう。

■投資資金
最後に残ったすぐには使用せずかつ使用目的も明確ではない余裕のあるお金で、積極的にお金を増やすための投資資金としましょう。ここでいう投資とは、株式などの金融商品に対するものを指しています。この投資資金で株式や国債、社債などのリスクのある金融商品に投資して積極的に増やすことを考えましょう。

元本が保証されていないので損をするリスクがありますが、すぐには使用しない余裕のあるお金なので、仮に損失を出しても生活に多大な影響を与えないですみます。だから、心理的に余裕をもって投資することができます。

なお、余裕のある資金がないという状況の方は、投資することなどは考えないで、就職・アルバイトトなどでまず余裕のある資金を稼ぐことをまず第一に考えましょう。

■3分割貯金のポイント
ポイントは、まず全資金のうち必要となる生活資金と目的資金をあらかじめ別にしておいて、残りの余裕のある資金で株などで資産運用するようにすれば、仮に損をしても生活に多大な影響を与えずにすむということです。

つまり、いわゆるリスク分散であり、人生はバクチではありませんので必ずお金は3分割して貯金を増やすようにしましょう。



HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング