医療保険(健康保険)
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


医療保険(健康保険)とは
医療保険とは、多数の人が保険料を支払い、病気やケガ、出産、死亡などしたときに、生活を安定させるため、集めた保険料などから医療給付や手当金などを支給してくれる社会保険制度です。

簡単に言えば、みんなで保険料を支払うことにより、病気やケガ、出産、死亡などしたときの医療費を補助しましょうという制度です。

医療保険には、農業や自営業を営む人たちが加入する「国民健康保険」と、会社や工場、商店などで働く人が加入する『健康保険』があります。 扶養されている家族の人は、その扶養してくれている家族の人の健康保険に加入させてもらえます。

医療保険
自営業者、農業 国民健康保険
サラリーマン・公務員等 健康保険
家族などの被扶養者 被保険者と同じ保険

【参考サイト】
社会保険庁:政府管掌健康保険制度
加入に必要な条件
■サラリーマン・公務員等(健康保険)
健康保険の適用を受ける事業所で働いている人は、保険料を源泉徴収されることによって健康保険に加入することができます。

【参考サイト】
適用事業所  被保険者  費用の負担

■自営業者、農業等(国民健康保険)
自営業者、農業などの健康保険に加入できない人は、市町村で加入手続きをして保険料を支払うことにより国民健康保険に加入することができます。

【参考サイト】
社会保険庁:厚生年金の被保険者と適用事業所

■被扶養者
年間収入が130万円未満の人で、健康保険or国民健康保険に加入している人と生計を共にして扶養されている人は、その扶養してくれている人の保険に無料で加入させてもらえます。

【参考サイト】
被扶養者であるための条件  被扶養者
年金保険給付の種類
給付の種類 もらえる条件
金額
療養の給付 病院で治療、診察を受けるとき
医療費の7割
傷病手当金 仕事外の病気やケガで会社を4日以上休むとき
病気やけがで休んだ期間×標準報酬日額の3分の2
高額療養費制度 月の医療費が高額の場合
一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分の金額
訪問看護療養費 在宅で療養している人が
各種訪問サービスを受けたとき
平均的な費用の7割
移送費 病気などで患者を救急車以外で移送した場合
最も経済的な通常の経路及び方法により移送された場合の
旅費に基づいて算定した額の範囲での実費
埋葬料・埋葬費助成金 医療保険の被保険者が亡くなりその埋葬を行う人
5万円未満
出産育児一時金 医療保険に加入している被保険者が出産したとき
1児につき35万円
2009年1月から38万円
家族出産育児一時金 医療保険に加入している被保険者又は
その被扶養者が出産したとき
1児につき35万円
2009年1月から38万円
出産手当金 健康保険、共済組合に加入している被保険者が
出産のため会社を休み、事業主から報酬が受けられないとき
標準報酬日額×0.6×日数分

【参考サイト】
健康保険給付の種類と内容
厚生労働省 医療保険
社会保険庁 医療保険制度


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング