遺族年金
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


遺族基礎年金
概要 国民年金保険の被保険者が死亡したときにもらえるお金です。
支給条件 被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。
(ただし、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。)
支給対象者 死亡した者によって生計を維持されていた、子のある妻か子ども。

ただし子どもとは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子です。
給付金額 792,100円+子の加算

子の加算
 第1子・第2子 各 227,900円
 第3子以降   各  75,900円
申請先 市区町村役場
参考サイト 社会保険庁
届出・手続き
遺族厚生年金
概要 厚生年金保険の被保険者が、死亡したときにもらえるお金です。
支給条件 (1)〜(3)のどれかを満たす者

(1)被保険者が死亡したとき、または被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。

(2)老齢厚生年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。

(3)1級・2級の障害厚生年金を受けられる者が死亡したとき。
支給対象者 (1)〜(4)のどれかを満たす者

(1)子のある妻か子
(2)子のない妻
(3)55歳以上の夫、父母、祖父母
(4)孫
給付金額 参考サイトを参照のこと
申請先 市区町村役場
参考サイト 社会保険庁
届出・手続き
中高齢寡婦加算
概要 遺族厚生年金を受給できる妻で、遺族基礎年金を受けられないときに、もらえるお金です。
支給条件 遺族厚生年金を受給できる妻で以下のいずれかを満たす者に、40歳から65歳になるまでの間、支給されます。

(1)夫が亡くなったとき、40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻であること。

(2)遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子のある妻(40歳に達した当時、子がいるため遺族基礎年金を受けていた妻に限る。)が、子が18歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は20歳に達した)ため、遺族基礎年金を受給できなくなったとき。
給付金額 年額594,200円
申請先 市区町村役場
参考サイト 社会保険庁
届出・手続き
寡婦年金
概要 厚生年金に加入していない自営業者などの夫に先立たれた妻が受け取れる年金です。
支給条件、対象者 第1号被保険者としての被保険者期間に係る保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が25年以上である夫が老齢年金等を受けずに死亡した場合で、婚姻期間が10年以上の妻に60歳から64歳までの間、支給されます。
給付金額 夫が受けられたであろう老齢基礎年金額(第1号被保険者期間に係る額に限る。)の4分の3
申請先 市区町村役場
参考サイト 社会保険庁
届出・手続き
死亡一時金
概要 国民年金保険の被保険者が死亡して遺族基礎年金がもらえないときにもらえるお金です。
対象者 以下の条件を満たす者です。

(1)保険料を納めた月数
(4分の3納付月数は4分の3月、半額納付月数は2分の1月、4分の1納付月数は4分の1月として計算)が36月以上ある方が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けないまま亡くなったとき。

(2)亡くなった方によって生計を同じくしていた遺族(@配偶者、A子、B父母、C孫、D祖父母、E兄弟姉妹の中で優先順位の高い方)

(3)遺族基礎年金の支給を受けられないとき
給付金額 120,000円〜320,000円
申請先 市区町村役場
参考サイト 社会保険庁


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング