遺族(補償)給付
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


概要 労働者が業務上又は通勤により死亡したとき、その遺族に対して支払われるお金です。遺族(補償)年金と遺族(補償)一時金の2種類があります。
対象者 (1)遺族(補償)年金
遺族(補償)年金は、死亡当時その方の収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹。

(2)遺族(補償)一時金
労働者の死亡当時、遺族補償年金の受給資格者がないとき(死亡労働者の収入によって生計を維持していた遺族がいない、生計を維持していた遺族はいるが年齢条件を満たさない等)に、労災保険法に定められた順位に従い最先順位の方。
給付金額 (1)遺族(補償)年金
遺族人数 金額=給付基礎日額の何日分
1人 153日分
2人 201日分
3人 223日分
4人 245日分

(2)遺族(補償)一時金
300万円
申請先 所轄の労働基準監督署長
参考サイト 財団法人 労災保険情報センター
厚生労働省:遺族(補償)給付


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング