雇用保険
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


雇用保険とは
雇用保険は、主に労働者が失業した場合に、生活の安定と就職の促進のために失業等給付を支給したりするための保険です。政府が管轄している強制保険制度で、労働者を雇用する事業は、原則として強制的に適用されます。
加入に必要な条件
以下の条件を満たす労働者は、事業所規模に関係なく、原則として全て雇用保険の被保険者になります。なお、加入手続きは事業主が行います。

(1)1週間の所定労働時間が20時間以上であること
(2)31日以上の雇用見込みがあること

詳細は、厚生労働省 雇用保険の適用についてを参照してください。
雇用保険給付の種類
給付の種類 もらえる条件
金額
失業給付の基本手当 雇用保険の被保険者が離職したとき
1日あたり6,330円〜
失業中の傷病手当 失業中に病気やケガをしたとき
1日あたり6,330円〜
再就職手当・就業手当 失業給付の基本手当の受給資格者が、
早めに就職した場合
所定給付日数の支給残日数×30%×基本手当日額
教育訓練給付 職業能力をアップさせるための講座を受けたとき
教育訓練経費の20%
技能習得手当 失業者の人が再就職をするために
公共職業訓練等を受講する場合
基本手当+受講手当+通所手当
未払賃金立替払制度 企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者
「未払賃金総額」の100分の80の額
広域求職活動費 ハローワークからの紹介で
遠隔地へ就職活動をするとき
交通費実費+宿泊費
移転費 再就職のために引越ししなければならなくなった場合等
移転に関わる費用
高年齢雇用継続
基本給付金
60歳以上65歳未満の高齢者が継続して働くときに
60歳時点の給与に比べて75%未満に低下した場合
各月の賃金の15%以下の相当額
介護休業給付金 雇用保険の被保険者で
家族の介護のために会社を休む人
休業開始時賃金日額×支給日数×40%
育児休業基本給付金 育児休業中の人
休業開始時賃金日額×支給日数の30%相当額


【参考サイト】
給付一覧
ハローワークインターネットサービス
厚生労働省:雇用保険制度


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング