教育訓練給付
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


概要 働いている人または失業中の人の職業能力をアップさせるための費用を補助してくれます。給付が適用される教育訓練内容は、情報処理技術者資格、簿記検定、訪問介護員、社会保険労務士資格などの講座です。
対象者 (1) 雇用保険の一般被保険者
厚生労働大臣が指定した教育訓練の受講を開始した日において雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上(※)ある方。

(2) 雇用保険の一般被保険者であった方
受講開始日において一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年(適用対象期間の延長が行われた場合には最大4年)以内であり、かつ支給要件期間が3年以上(※)ある方。
給付金額 教育訓練経費の20%
申請先 労働基準監督署
参考サイト 厚生労働省


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング