労災保険
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


労災保険とは
労災保険とは、労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」といいます。)に基づく制度で、正社員、派遣社員、パート、アルバイトなどのいかなる形態であっても職業の種類を問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる労働者であるならば、事業主から自動的に受けられる保険制度です。

労災保険法の第1条に「業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害又は死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行うほか、被災労働者の社会復帰の促進、被災労働者及びその遺族の援護、適正な安全及び衛生の確保等を図り、もって、労働者の福祉の増進に寄与すること」と目的が規定されています。

労災保険は政府(厚生労働省)が管轄しており、事業主から納付される保険料によって運営されています。
加入に必要な条件
正社員、派遣社員、パート、アルバイトなどのいかなる形態であっても職業の種類を問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる労働者であること。要するに労働者として働いていることです。労働者に保険料の支払い義務はなく、事業主が支払っています。
労災保険給付の種類
給付の種類 もらえる条件
金額
療養補償給付 仕事上で病気やケガをしたときの医療費
実際にかかった医療費
休業補償給付・
休業特別支給金
仕事上の病気やケガで会社を4日以上休むとき
給付基礎日額の80%×休業日数
障害補償年金 仕事中の病気やケガにより障害が残った人
障害によって金額が変わります
葬祭料 労働者が業務上又は通勤により死亡したときに
葬祭を行う遺族がもらえる葬祭料
@31万5,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額
A給付基礎日額の60日分
傷病(補償)年金 労働者が業務上又は通勤による負傷や疾病の
療養開始後1年6ヶ月を経過した日、またはその日以後、
その負傷や疾病が治っておらず、疾病による障害が
労災保険法の傷病等級に該当するとき
給付基礎日額の245〜313日分
介護(補償)給付 障害(補償)年金又は傷病(補償)年金の受給者で、
介護を要する場合
5〜10万円


【参考サイト】
財団法人 労災保険情報センター
厚生労働省:労災保険制度


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング