出産手当金
貯金節約生活 > 給付金・社会保険 > 現在のページ


概要 働いているママが産休するときに給与の代わりにもらえるお金です
対象者 健康保険、共済組合に加入している被保険者が出産のため会社を休み、事業主から報酬が受けられないとき。なお国民健康保険に加入している人は、受けられません
給付金額 1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額

と法律ではなっているが、一般には次式となるようです。

標準報酬日額×0.6×日数分
出産手当金が受けられる期間 出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間です。予定日より実際の出産が遅れた場合は、予定日より遅れた出産日数分も加算して支給されます。
申請先
医療保険 申請先
健康保険 社会保険事務所や組合
共済組合 組合
申請時期 出産後2年以内
必要なもの 健康保険証、母子手帳、請求書など
参考サイト 社会保険庁
健康保険法第102,103条
All About


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング