生保会社が破綻した場合どうなるか
貯金節約生活 > 生命保険の選び方 > 現在のページ


国内で事業を行うすべての生命保険会社は、生命保険契約者保護機構への加入が義務づけられております。この保護機構により、生命保険会社が破綻した場合には、資金援助等の救済を行ってもらえます。

【参考サイト】
生命保険契約者保護機構
保険契約者の保護内容
■保険契約の継続
(1)救済保険会社が現れた場合
破綻保険会社の保険契約は、救済保険会社に承継されて継続されます。

(2)救済保険会社が現れなかった場合
破綻保険会社の保険契約は、保護機構が設立する子会社の承継保険会社または保護機構自身に承継されて継続されます。

■補償対象
日本における元受保険契約(保険契約のうち再保険契約を除いたもの)のうち、以下のもの。

@死亡保険、生存保険
A損害保険
B疾病・傷病に関する保険

■補償限度額
破綻時点の責任準備金(将来における保険金等の支払のために積み立てられているべき準備金)の90%までを補償してもらえます。決して保険金や年金の90%ではないことに注意してください。

■契約条件の変更
@責任準備金の削減
A予定利率の引き下げ

などといった契約条件の変更が行われる場合があります。その結果、保険金額や年金額が減少することがあります。

【参考サイト】
保険契約者保護制度 生命保険契約者保護機構について


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング