安い死亡保険の選び方
貯金節約生活 > 生命保険の選び方 > 現在のページ


保険料を安くするポイント
必要保障額(死亡した場合にもらえる保険金) × 保険期間 の面積の大きさによって、保険料が高くなるか安くなるかが決まってきます。なので、いかに保険金額(必要保障額)を抑えてかつ保険期間を短くするかが、保険料を安くするポイントとなります。
死亡保険の選び方
(1)必要最小限の生活ができる必要保障額を計算する
できるだけ保険料を低く抑えるためには、必要保障額をできるだけ低くする必要がありますので、必要最小限の生活をすることを前提にして必要保障額を計算するようにしましょう。(【参考サイト】 必要保障額について

(2)保障が必要となる一定期間の保険期間を決定する
保険期間が短いほど保険料が安く済みますので、保障が必要となる期間までの一定期間の保険期間となるようにしましょう。(【参考サイト】 保険期間はいつまでがよいか

(3)必要保障額が年月の経過とともに減少していく保険であること
時間が経つにつれて、子供が社会人になるまでにかかる総教育費や総生活費がどんどん減少していくので、必要保障額もどんどん減少していくことになります。なので、保険料を低く抑えるためには、必要保障額が年月の経過とともに減少していく保険である必要があります。(【参考サイト】 必要保障額の時間変化



@必要最小限の必要保障額、A保障が必要となる一定の保険期間、B年月の経過とともに必要保障額が減少していくこと、という3つの条件を満たす保険商品を選ぶと、保険料が最も安く済ませることができて、かつ必要な保障を得ることができます。

このような条件を満たす保険商品をおススメの死亡保険で示します。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング