保険期間はいつまでがよいか
貯金節約生活 > 生命保険の選び方 > 現在のページ


保障が必要となる期間までを保険期間とすればよいです。必ずしも一生涯を保険期間とする必要性はありません。具体的には以下の2つの期間までで十分であるように思います。

@子供が社会人になるまで
A自分が働かなくなる65歳頃まで

子どもが社会人になって以降ならば、夫が亡くなっても子供の心配はないし、妻には遺族年金があるし社会人になった子供もいるので何とかなると思います。

間違ってはならないのは、死亡保険というのは家計を支えている者が亡くなった場合、遺された家族が金銭的に困るというときに、お金を支払ってかける保障なのであって、家計を支えている者が亡くなっても金銭的に困らないならば保険をかける必要はないということです。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング