保険が適用できない費用
貯金節約生活 > 生命保険の選び方 > 現在のページ


保険が適用できない費用 = 自分で支払う必要がある費用
■差額室料
病院に入院したときに個室や2人部屋などを利用すると請求されるのが、差額室料(差額ベッド代ともいう)です。差額室料は、保険の適用外の費用なので、全額自己負担しないといけません。1日2000〜7000円程度かかります。

原則としては、個室や2人部屋などを本人が希望し同意しない限りは、差額ベッド代を支払う必要はない、と厚生労働省は述べていますが、実際はしばしば請求されることがありトラブルになっているようです。

「患者への十分な情報提供を行い、患者の自由な選択と同意に基づいて行われる必要があり、患者の意に反して特別療養環境室に入院させられることのないようにしなければならないこと。したがって、特別療養環境室へ入院させ、患者に特別の料金を求めることができるのは、患者側の希望がある場合に限られる」

特定療養費に係る療養の基準の一部改正に伴う実施上の留意事項について(平成9年3月14日保険発第30号) より

■食事代
日々の食事代は保険の適用外で、全額自己負担する必要があります。1日1000円程度かかると思います。

■その他
最先端の高度な先進医療などは、保険の適用外となりますのご注意ください。また、交通費などの雑費も適用外です。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング