定期保険、養老保険、終身保険について
貯金節約生活 > 生命保険の選び方 > 現在のページ


定期保険
定期保険とは、一定期間だけ死亡保障(死亡した場合には死亡保険金がもらえる保障)してくれる掛け捨て(保険料が返ってこない)の保険商品のことです。保険料が返ってこず、一定期間の死亡保険金に対する保険料だけ支払えば良いので、巨額の死亡保障に対して最も保険料が安く、巨額の死亡保障に最も向いている商品です。
養老保険
養老保険とは、一定期間だけ死亡保障してくれて、かつ一定期間後、生存していた場合には、支払った総保険料程度の生存満期保険金がもらえる保険商品のことです。死亡保険金と生存満期保険金は同額で、死亡しても生存していても、必ずお金が返ってくることになります。

これはつまり、貯蓄ができて死亡保障がつくという大変素晴らしい商品なのですが、例えば1000万円の死亡保障が欲しければ、ほとんど1000万円を満期日までに支払う必要があるという大きな問題があります。

つまり巨額の死亡保障が欲しいと思うと、保険料が極めて高くなるので、巨額の死亡保障の保険には向いていません。なので、数百万円程度の実際に満期日までに貯金できる金額の死亡保障+貯蓄をするのに向いている商品です。
終身保険
終身保険とは、一生涯の死亡保障をしてくれる保険商品のことです。一生涯なので、死亡したときに必ず保険金が返ってくることになります。

しかし、これも養老保険と同様に、死亡保障の金額程度のお金を支払う必要があるという問題があり、巨額の死亡保障には向いていません。さらに、死亡したときにしかお金が返ってこないということは、本人の資産形成には役に立ちません。なので遺族に葬式代を残したいなどの遺産目的などのときに加入した方がよい商品です。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング