自社株買い
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


自社株買いの効果

自社株買いとは、会社が自分の会社の株を購入し消却する(つまり自社株買いされた株は消えてなくなる)ことです。

指標 自社株買い後の変化

持ち株比率=持ち株数/自社株買い後の総発行株数

(自社株買い後の総発行株数
= 総発行株数 − 自社株買い株数)

増大する

PER = 株価/自社株買い後の1株あたりの利益

(自社株買い後の1株あたりの利益
=純利益 / 自社株買い後の総発行株数)

減少する
ROE=純利益/(株主資本−自社株買い資金) 増大する

PBR=株価/自社株買い後の1株当たりの株主資産

(自社株買い後の1株当たりの株主資産
=(株主資本−自社株買い資金)/(総発行株数−自社株買い株数))

(1)PBR=1倍より大きい株価で自社株買いしたとき

増大する

(2)PBR=1倍の株価で自社株買いしたとき

変化なし

(3)PBR=1倍未満の株価で自社株買いしたとき

減少する

自己資本比率 減少する
株価によって変わる自社株買いの効果

■PBR=1倍より大きい株価で自社株買いしたとき

PERは減少しROEは増大するが、PBRは増大します。また、自己資本比率は下がります。なので、必ずしも株価にとってプラスとは限らず下手をしたらむしろ株価が下がる可能性があります。

■PBR=1倍以下の株価で自社株買いしたとき

PERは減少し、ROEは増大し、PBRも減少します。(PBR=1倍なら変化なし)自己資本比率は下がりますが、基本的に株価にとってプラスであり、株価が上昇しやすいです。しかしながら、自己資本比率が10%未満のような財務状況がよくない会社が自社株買いすると自己資本比率がさらに下がりますので株価にとってデメリットになる恐れがあります。

■自社株買いの結論

以上から、自己資本比率が30%以上あるような財務状況がある程度しっかりしている会社が、PBR=1倍以下の株価で自社株買いすると株価が上昇しやすいので株主にとって非常にメリットが高いです。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング