ネット証券の口座開設について
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


ネット証券の口座開設の流れ

(1)ホームページから口座開設を申し込み必要書類を請求

ホームページ上で、名前、住所などの必要事項を記入して口座開設に必要な書類を請求します。なお、そのときいろいろ記入する内容のうち、源泉徴収ありかなしの特定口座を開設するかどうかについて聞かれます。特定口座に申し込まないと一般口座となります。それぞれの口座の違いは以下を参照してください。

  源泉徴収あり
の特定口座
源泉徴収なしの特定口座 一般口座
源泉徴収 あり なし なし
税金・確定申告 証券会社が源泉徴収して全てやってくれるので不要 証券会社が作成してくれる年間取引報告書をもとにして、自分で確定申告する必要あり 証券会社が作成してくれる1回ごとの売買の取引報告書をもとにして、自分で年間取引報告書を作成して、自分で確定申告する必要あり
売却損失の繰越控除 なし あり あり

【参考サイト】
株式投資の税金

口座開設の手続きは、ネット上で完結することはなく、必ず紙面の書類が必要となるので、まず最初に書類を請求することになります。

(2)口座開設資料の到着

およそ4〜5営業日(土日、祝日をのぞく平日の4〜5日)で口座開設申込書が郵送で届きます。

(3)書類に必要事項を記入する

◆用意するもの◆
ハンコ、出金振込先口座、本人確認書類(運転免許証のコピーや住民票の写しなど)

◆主な記入事項等◆
Webサイト上で入力した項目は、あらかじめ全て記入されていますので、主に以下の3点だけです。

@名前 : 自筆で記入
A捺印
B本人確認書類の添付 : 運転免許証のコピーや住民票の写しなど

補足:会社によっては申込み日の記入があることもあります。

(4)口座開設申込書と本人確認書類を郵送

必要事項を記入・捺印し、口座開設申込書に本人確認書類を添付して返信用封筒に入れてネット証券会社に郵送します。

(5)口座開設手続完了のご案内の通知書が到着

「ログインID」・「パスワード」などが記載された口座開設手続完了を知らせる通知書が書類を郵送してから約1週間〜10日後に届きます。これで口座の開設は完了です。口座を開設するまで、トータルでだいたい約15〜20日ぐらいかかります

(6)口座にお金を預けてから取引開始

取引を開始する前に、あらかじめ口座にお金を預けないと取引することはできません(前受け制という)。なので、証券口座にお金を預ければ、取引を開始することができます。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング