利益が出る株価上昇率
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


株価上昇倍率=売却株価/購入株価
株価上昇率=100×(株価上昇倍率−1)

基本利益 = 購入株価×(株価上昇倍率−1)×株数 − 売買手数料×2

売買手数料×2 となるのは、売りと買いの2回売買する必要があるからです。

純利益  = 基本利益 ×(1−税率)

純利益 > 0 となる株価上昇倍率のとき利益が出ます。

基本利益(1−税率)> 0

基本利益 > 0

購入株価×(株価上昇倍率−1)×株数 − 売買手数料×2 > 0

購入株価×(株価上昇倍率−1)×株数 > 売買手数料×2

株価上昇倍率 > 売買手数料×2 /(購入株価×株数)+1

となるとき、利益が出ます。


株価上昇率になおすと、以下のとき利益が出ます。

株価上昇率 = (株価上昇倍率 − 1)×100  より

株価上昇率 > 100×売買手数料×2 /(購入株価×株数)


■計算例

購入株価 =1000円
購入株数 =1000株
売買手数料=1050円(割安なネット証券の売買手数料)

として実際に計算してみます。

株価上昇倍率 > 1050×2/(1000×1000)+1 = 1.0021

株価上昇率  > 0.21%

となるので、わずか0.3%の株価上昇率でも利益が出るということになります。この購入株価で言うならば、1003円となるだけで利益が出るということです。

したがって、ネット証券の割安な売買手数料で売買しているかぎり、ほとんど売買手数料による損失を気にする必要がないということです。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング