成長性の判断指標
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


指標

5段階の判断

◎:非常に良い
○:良い
△:普通
×:悪い
××:非常に悪い

× ××
@売上高増減率={(当期売上高/前期売上高)−1}×100
10以上 5〜10 0〜5 -10〜0 -10未満
A営業利益増減率={(当期営業利益/前期営業利益)−1}×100
10以上 5〜10 0〜5 -10〜0 -10未満
B経常利益増減率={(当期経常利益/前期経常利益)−1}×100
10以上 5〜10 0〜5 -10〜0 -10未満
C純利益増減率={(当期純利益/前期純利益)−1}×100
10以上 5〜10 0〜5 -10〜0 -10未満

個々の指標のバランスの判断

増収:売上高が増大すること
減収:売上高が減少すること
増益:利益が増大すること
減益:利益が減少すること

@:売上高増減率
A:営業利益増減率
B:経常利益増減率
C:純利益増減率
@の状態 Aの状態 Bの状態 Cの状態
増収増益で、最も良い @>0 A≧@ B≧@ C≧@
増収増益なのは良いが、売上高の成長以上に費用が増大しており少し問題がある @>0 0<A<@ 0<B<@ 0<C<@
増収減益で、売上高の成長以上に費用がかなり増大しており悪い @>0 A<0 B<0 C<0
減収増益で、コストダウンできているのは評価でき、悪くはないがそれほど良くもない @<0 A>0 B>0 C>0
減収減益で、最も悪い @<0 A<0 B<0 C<0

個々の増減率の判断だけでなく、それぞれの増減率がバランスよく変化しているかもチェックする必要があります。


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング