株で失敗する心理
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


■絶対に稼げる自信があるから全額、単一銘柄に1回で投資する

株式投資には、「絶対」はありません。

理論的にはこれ以上下がるはずがないという株価でも、需給要因、心理的要因によりさらに下落することがあります。

常に想像を超えるような事態が発生しやすいのが株式投資の世界であり、何が起こるかわからないので常にリスクを考えて、最低限の分散投資(3分散、資金分散、銘柄分散、業種分散)をすることをおススメします。

■根拠もなく上がる、戻ってくる、底値、安い、高いと思う

株は、ファンダメンタルズ的な根拠やテクニカル的な根拠によって上昇や下落をします。何の根拠もなしに希望的観測に基づいて株価が上がるとか下がるとか安い、底値などと思って投資していたら必ず損をします。

例をあげてみます。

株価が半分になったから安い
2倍になったから高い
待っていればいつか戻ってくる
上がってるからこれからも上がる

などと思っていても、それらに確かな根拠がないということに気をつけなければなりません。常に確かな根拠に基づいて投資しましょう。個人的には、ファンダメンタルズ的な根拠なしに投資するのはあまりおススメできません。

■株価の動きが気になって仕方がない

デイトレーダーとかでもない限り、その日の場中の株の動きを気にする必要はありません。もし気になるというのならば、確かな根拠にもとづいて投資しておらず、リスクもしっかりと管理されていないから気になるのだと思います。

最低限1日の終値しか気にならない程度に、しっかりとした根拠にもとづいて投資し、リスク分散もしっかりとしておくべきだと思います。株価の動きが気になって仕方がない間は投資しないか、最小の資金だけで投資するようにした方が良いと思います。

■大きな期待や夢を持ったり、数値目標を持つ

ある銘柄に大きな期待・夢を持って投資すると、夢があるからというだけで何の根拠もなく投資したり、大事なことを見落としたり、悪い情報ですら過小評価したりと盲目的になる危険性があります。

あるいはわずかなことでも異常なまでに失望しやすく、過剰反応しやすいといったことが起こりやすく、正常に判断しにくくなる危険性があります。

また、1ヶ月で10%の上昇などという数値目標をもつと、その数値目標が足かせとなって心理的な悪影響をもたらし、無理な売買をしてしまい、さらに悪い結果をもたらす可能性があります。常に冷静で正常な心理的状態を保てるようにしましょう。

■衝動的に買いたくなったり売りたくなる

株価が下がったりしたときに、まだ高いにもかかわらず我慢しきれなくなり買ってしまいたくなる衝動にかられると、高値つかみをしてしまう危険性があります。

あるいは、ちょっとしたことでパニック売りすることになりかねません。常に確かな根拠を持って冷静に売買するようにしましょう。

■投資に失敗して損失が出てしまったが恐くて損切りできない

失敗したとわかっても恐くても損切りできず、塩漬け状態(損失が出ている株を長期間保有すること)になったまま、株価を見るのも憂鬱で嫌という状態になっていては株式投資で稼ぐことはできません。

あらかじめ必ず確かな売買ルールを作成し(とりわけ売却するときのルールを明確化する)、その売買ルールを厳格に守って売買できるようにしっかりと自己管理できるようにならなければなりません。

■損失を取り戻そうとあせったり熱くなる

株で失敗してしまい、損失を取り戻そうと冷静さを失いあせたっり熱くなり、一発逆転を狙って値動きの激しい株に一点集中投資や信用取引をするなどのバクチ的な投資をすると、ほとんどの場合さらに最悪の結果を招くことになりやすいです。

損失が出て冷静になれない精神状態のときは、自分は今正常な精神状態ではないと判断し、しばらくの間、株のことは忘れて気分転換をするようにしましょう。そして、冷静で正常な精神状態に戻れてから確かな根拠にもとづいて投資を再開するようにしましょう。

■ある時期稼げて、自信過剰になる

上昇相場のとき(景気がよくなるとき)は、誰でも稼ぎやすいものです。そのことをよく理解していないと、まるで自分は株の天才などというように自信過剰になり、下降相場になったとき(景気が悪くなるとき)には、途端に巨額の損失を出すことになりかねません。常に謙虚であることが重要です。

■儲からない人の心理、行動

(1)非常に強い緊張感を強いられておりリラックスできない

(2)優柔不断で周りに影響されやすい

(3)忍耐強くなく、計画的でない

(4)利食いが早く、損切りが遅い

(5)自分で決めた投資ルールに従えない

(6)感情的に売買する

(7)落ち着いていられない

(8)相場に対して腹を立てる



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング