成功できるようになる方法
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


■しっかりと検証された投資ルールを持つこと

(1)過去の株価情報、成功者の投資方法などから、自分にあった投資ルール(哲学、戦略、戦術、売買ルール)を確立する

(2)確立された投資ルールが正しいのかどうか、以下の3つにより検証する

@過去の株価情報、取引情報

ただし最低限、バブル発生からバブル崩壊過程、好景気から不景気を含む期間の情報であり、十分な銘柄数の情報であること。

とりわけバブル崩壊過程、不景気でも損をしなくて済むのかどうかを入念にチェックする必要があるように思います。

A実証してくれている成功者の情報

ただし10年以上同じ投資方法をしていて、稼ぎ続けている成功者でないと意味がありません。

Bシミュレーション売買

この結果はそのときの相場状況、銘柄に強く影響されるということをよく認識しなければならず、最も信頼できない情報(検証結果)であると認識しておくことが重要です。

(3)理論的な検証の結果

@IF 確立した投資ルールが正しくないと判断され場合

何故正しくないのかをしっかりと分析した上で投資ルールを修正する。

そして(2)に戻る。

AIF 確立した投資ルールが正しいと判断され場合

実戦に移る (4)へ

(4)自分で確立した投資ルールは正しいという信念を持ち、周囲の意見には決して惑わされないで、己の投資ルールに基づいて必ず売買する。

(5)実戦した結果

@IF 利益が出て成功した場合

確立した投資ルールは正しいとして修正せずに(4)へ。

AIF 損失が出て失敗した場合

確立した投資ルールのどこかに間違いがあると認識して、何故失敗したのかをしっかりと分析した上で二度と失敗しないように投資ルールを修正して(2)へ。


以上のプロセスを永遠に繰り返していけば、投資し続けていくほど、どんどん学習していき、より稼げる投資ルールへと変化させていくことができます。


■自分の頭で考えること
周囲に惑わされず自分で調査し考えた情報だけを信じること

間違っても、アナリストレポートや金融機関の投資判断、信憑性のないウワサ話などを信じて投資しないことです。それらの情報は投資するのに有害になることはあっても、有益になることはほとんどありません。

常に自分の頭で考えることが重要であり、儲かるおいしい銘柄情報がどこかに転がっていたり公表されているとは絶対に思わないことです。


■株の金額はカネではなく単なる数字と思うこと

株の金額を実生活の金額と同様に考えると、株価の上下で稼いだ損したと一喜一憂することになります。それでは、常に感情的になって冷静に投資することができません。

なので、できるだけ株の金額を実生活の金額と同様に考えてはならず、単なる数字やゲーム上の仮想通貨などと思って、機械的に売買するようにした方が良いです。

このことの顕著な例は、株のシミュレーション売買では非常に上手く売買できて稼げていたのに、実際に投資すると途端に上手くいかなくなることです。これは、シミュレーションのように冷静になって売買できないがために生じることが原因です。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング