株式投資の税金
貯金節約生活 > 初心者の株式投資 > 現在のページ


株式の譲渡益課税

■申告分離課税

株式を他者に譲渡したことによる利益、つまり株式の売却益(譲渡所得と言われます)に対する課税は、申告分離課税となっています。申告分離課税というのは、他の所得(給与所得など)とは区別して、それぞれ別々に分離して課税する制度のことです。

つまり、株の売却益(譲渡所得)は、他の所得などとは完全に区別されて、単独で税金(所得税と住民税)が課税されるということです。なので、給与所得や事業所得などの他の所得と合算させて確定申告する必要はないです。

■株式投資の税金額の計算式

株式の売却利益(譲渡所得)= 売却価額 − (取得価額+各種手数料)

売却価額 : 株を売却したときの代金
取得価額 : 株を取得したときの代金
各種手数料: 売買手数料などの株式投資においてかかった必要経費

株式投資の税金額 = 株式の売却利益 × 税率

なお、1月1日〜12月31日までの1年間の株式の売却利益に対して税金がかけられて、1年間の株式の売却利益が0以下ならば、税金は一切かからないです。

■税率

適用される年 税率
2009年と2010年 @利益が500万円以下の部分は10%(所得税7%、住民税3%)
A利益が500万円を超える部分は20%(所得税15%、住民税5%)
2011年以降 20%(所得税15%、住民税5%)

■売却損失の繰越控除

繰越控除というのは、ある年における損失額を次の年以降にも繰り越せることができることです。繰越控除があると、次の年などで利益が出ても以前の損失額(繰越控除額)をその利益から差し引くことができます。計算式で示せば、以下のようになります。

繰越控除額 = ある年:Aの損失額
A年以降の税金 = (その年の利益 − 繰越控除額)×税率

例えば、ある年に100万円の損失が出たならば、次の年に100万円の利益が出ても、去年の100万円の損失と相殺することができて、税金が一切かからなくなるということです。この繰越控除が株式投資においても、損失が発生した年の翌年以後3年間にわたり、以下のことをすれば適用できます。

@証券会社が送られてくる取引報告書を添付して、自分で確定申告すること。

Aその後も連続して自分で確定申告し続けること。

これについては、次の特定口座と一般口座の項目で再度説明いたします。

■国税庁の参考サイト
株式等を譲渡したときの課税
上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除

特定口座と一般口座

先ほど述べたような、税金の計算をしたり確定申告を自分でして、税金を納めるとかをいちいち自分でするのはイヤという人もいると思います。そのような人のために、証券会社に口座を作るときには、特定口座という口座があります。

特定口座には、源泉徴収ありとなしの2種類があり、特定口座とは別に従来型の一般口座もあります。投資家は、この3種類の口座のうちどれかを選んで証券会社に口座を開設することになります。

■源泉徴収ありの特定口座

この口座の場合は、証券会社が1回の株の売却利益ごとに税金を源泉徴収(税金の天引き)して、証券会社が投資家に代わって確定申告をしてくれるので、投資家は税金のことは何も考えなくてもよい非常に便利な口座です。

デメリットとしては、繰越控除を受けられないのと源泉徴収されることによりその年の全投資資金が売却とともに減っていくことです。当然のことながら、ある取引では利益が出ていて源泉徴収されていても年間では損失が出ているなどというような場合は、後から源泉徴収された税金分は返ってきます。

■源泉徴収なしの特定口座

この口座の場合は源泉徴収されず、その年度が終了すると証券会社が1年間の取引をまとめてくれた年間取引報告書を作成してくれますので、それをもとにして自分で簡単に確定申告をすることができます。

自分で確定申告しなければならなくなりますが、その反面、繰越控除を受けられるようになるのと、税金で全投資資金が減るのは1年に一括して1回で済むようになります。

■一般口座

この口座の場合は源泉徴収されず、しかも証券会社が1年間の取引をまとめてくれた年間取引報告書も作成してもらえません。なので、証券会社から送られてくる1回ごとの売買の取引報告書をもとにして、自分で1年間の取引をまとめた年間取引報告書を作成して確定申告しなければなりません。したがって、一般口座を開設するのはあまりおススメできません。

■まとめ
  源泉徴収あり
の特定口座
源泉徴収なしの特定口座 一般口座
源泉徴収 あり なし なし
税金・確定申告 証券会社が源泉徴収して全てやってくれるので不要 証券会社が作成してくれる年間取引報告書をもとにして、 自分で確定申告する必要あり 証券会社が作成してくれる1回ごとの売買の取引報告書をもとにして、 自分で年間取引報告書を作成して、 自分で確定申告する必要あり
売却損失の繰越控除 なし あり あり


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング