電車代の節約
貯金節約生活 > 現在のページ


一定期間内に同じ一定の区間を電車で複数回乗り降りするときの電車代、長距離の定期代、新幹線のチケット代、特定期間にJR全線の普通列車で長距離の旅をするときの電車代などを割安にする方法を紹介いたします。
回数券
一定期間内に同じ一定の区間を電車で複数回乗り降りする場合は、1回分無料で手に入る回数券を利用するとお得です。

JRでは、運賃10枚分の金額を支払えば11枚の回数券(乗車券)をもらえます。なお、有効期限は3ヶ月で、200キロ以内の区間の条件があり、途中下車、乗車区間の変更はできません。(【参考サイト】 JR東日本

私鉄や地下鉄などでは、時間や曜日限定だが運賃10枚分の金額で12〜14枚の回数券がもらえる割引回数券や時差回数券などもあります。(【参考サイト】 東京メトロ
区間分割
乗る区間によっては乗車区間を分割した方が、切符や定期券の値段が割安になることがあります。電車の料金システムは、距離によって計算されていますが、必ずしも整合性の取れた料金システムではないので、区間を分割すると安くなることがあります。

例 : A駅 〜 B駅 〜 C 駅

AC 間の切符or定期の値段 > (AB間+BC 間)の切符or定期の値段
割引乗車券
■往復割引乗車券
JRの往復乗車券は、片道の営業距離が601km以上だと、行きと帰りの運賃が1割引になります。

なので、例えば580km程度の距離の往復切符を買うなら601kmを少し越えた距離の往復切符を買った方が安くなる可能性があります。

■学生割引乗車券
JRから指定を受けた各種学校の学生・生徒の方で、ご利用区間の片道の営業キロが101km以上ある場合、運賃が2割引になります。

【参考サイト】
JR東日本
青春18切符
青春18切符とは、春季・夏季・冬季休暇期間中の特定の期間において、JR全線の普通列車・快速列車の自由席なら1日中どこまででも乗りたい放題できる切符のことで、5回分を11500円で売られています。

なお、以下のような特徴があります。

・春季・夏季・冬季休暇期間中の特定の期間だけご利用可能です。
・誰でも利用できて、18歳以下限定などということはありません。
・乗車日内であれば、何度でも乗り降り自由です。
・1回分は乗車日当日限り有効です。
・1枚の乗車券(青春18切符)で利用可能期間中5回(人)まで利用できます。つまり、青春18切符は5枚分の乗車券があるのではなく、1枚の乗車券を5回使用するということです。
・青春18切符利用日にチェックインする場合、JRグループ加盟ホテルを割引価格で利用できます。

【参考サイト】
えきねっと(JR東日本)
新幹線のチケットなら金券ショップやチケット屋
金券ショップやチケット屋では、新幹線の回数券を購入してバラ売りしているために、普通に窓口で買うよりも10〜20%程度安く購入することができます。

つまり、一定期間に一定区間を複数回乗り降りするなら、回数券を購入した方が金券ショップやチケット屋で購入するよりも安くなるということです。

オンライン金券ショップもあり、以下のサイトをご利用なされると便利だと思います。

【参考サイト】
格安チケットコム
チケットスーパー
ときめきチケット
ジャパンギフトサービス
チケットモモ
ショッピング > チケット - Yahoo!カテゴリ


HOME > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング