預金保険制度(ペイオフ)
貯金節約生活 > 銀行預金と郵便貯金 > 現在のページ


預金保険制度について

万が一、金融機関が破綻したときに、預金者の預金を、国(預金保険機構)が保護してくれる制度です。とりわけこの預金保険制度において、対象によって預金金額の一定金額(1000万円)までしか保護されないことをペイオフと呼んでいます。

預金保険制度の対象と、保護される預金金額

■預金保険制度が適用される金融機関
国内に本店を有する銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、信金中央金庫、
全国信用協同組合連合会、労働金庫連合会、ゆうちょ銀行です

■保護対象となる預金等

  預金等 保護の範囲



利息のつく普通預金、通知預金、貯蓄預金、定期預金、定期積金、元本補填契約のある金銭信託など 金融機関ごとに、預金者一人あたり元本1000万円とその利息
当座預金、利息のつかない普通預金 全額保護


外貨預金、譲渡性預金、他人名義預金、元本補填契約のない金銭信託など 保護対象外

■ペイオフ対策
1000万円以上持っているお金持ちの方で、利息なんかいらないからとにかく元本を全額保証して欲しいという方は、利息のつかない普通預金口座を開設してそこに資金を預けましょう。

そうすれば、利息はもらえない代わりに預金金額が全額、保証してもらえます。あるいは、複数の金融機関に1000万円までを上限として資産を分散して預金する方法もあります。

ただし、一つの金融機関に複数の口座を作り1000万円までを上限として資産を分散して預金しても、その複数の口座を合算した金額の1000万円までしか保証してもらえないので注意しましょう。



HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング