財形年金貯蓄
貯金節約生活 > 銀行預金と郵便貯金 > 現在のページ


利用者条件

55歳未満の勤労者であること

事業主(勤務先企業)を通じて貯蓄するものなので、勤労者でありかつ勤務先企業が財形貯蓄を利用していない場合、ご利用できません

資金使用目的 年金の受取
メリット

・利息の税金が非課税
・国から住宅資金や教育資金を低金利で融資してもらえます
・給付金がもらえます

詳しくは勤労者の積立なら財形貯蓄を参照してください

積立方法 毎月の給与や賞与から天引き
積立期間 5年以上
受取期間など 満60歳以後、5年以上20年以内(終身タイプ保険商品を除く)の期間にわたり毎年一定の時期に支払を受け取ること
積立単位 最低1000円
解約 2年未満なら可能
一般財形貯蓄の対象商品

預貯金(定期預金等)、有価証券、生命保険、郵便年金など

勤務先企業の提携金融機関によって異なります

申込み方法 お勤めの会社の給与担当などにおたずねください
利用上の注意 年金の受取りの目的以外に引き出しすると、 要件違反となり、5年間の遡及課税となりますのでご注意ください
参考サイト 勤労者財産形成促進制度


HOME > カテゴリートップへ > ページ先頭へ


Copyright (c) hptit All Rights Reserved.
アクセスランキング